問題解決力とプログラミング的思考の醸成
「虹色ボックス」

Scratch3.0を活用したプログラミング教材集

虹色ボックスは、Scratch3.0を活用したプログラミング教材集です。
100を超える豊富な教材でプログラミングの基礎から応用までを学ぶことができます。
問題を発見し、エラーを解決していく過程で論理的思考を身につけることをサポートします。

虹色ボックスが選ばれる理由

スクラッチを開くと、カラフルなプログラムブロックと白いキャンパスが表示されますが、何をどうすれば良いのか、どこからはじめたら良いのか、悩んだことはありませんか。虹色ボックスは、プログラミングがはじめての先生や子どもたちも安心して取り組むことができる豊富な教材をご提供しています。

Reason1短時間でもプログラムを完成できる

ドリル形式の教材なので、限られた時間の中でも1つのプログラムを完成させることができます。

虹色ボックスの教材は、ある程度完成されたプログラムを提示して、プログラムの1部分だけを作っていくというドリル形式で提供しています。そのため、限られた時間の中でもプログラミング授業を行うことができます。100種類以上の豊富な教材が搭載されており、子どもたちのレベルに合わせて学ぶことが可能です。

Reason2プログラミングに集中できる

教材にはすべてテンプレートプログラムを搭載。本来学んでほしいプログラミングに集中することが可能です。

子どもたちがスクラッチを開くと、背景やキャラクターを選ぶのにとても時間をかけてしまうことはありませんか。虹色ボックスには、必要な背景やブロックがあらかじめ挿入されているテンプレートを用意しているため、スムーズにプログラミングを始めることができます。また、先生の事前準備を大幅に削減することが可能です。

Reason3他の人の作品に触れることができる

他の子どもたちの作品を体験できるので、学習意欲がわき、プログラミングに興味を持つことができます。

「プログラミング」というと、言葉だけで苦手意識を持つ子もいるかと思います。虹色ボックスでは、ユーザーの子どもたちが作ったプログラム作品を掲載しております。他の子どもたちの作品に触れ、作成のアイディアやプログラミングのヒントを得て、「私もこんなプログラムを作ってみたい」とプログラミングに興味を持つきっかけにもなります。

虹色ボックスが提供する教材

01 プログラミングの基礎を学ぶ「やってみよう」

「やってみよう」では、Scratch3.0の基礎知識やブロックごとのはたらきを、1つ1つステップを踏んで学習することができます。たとえば、「ネコが歩いてジャンプするプログラムを作ってみましょう」と言っても、いきなり作ることは難しいです。「やってみよう」では、「歩く」という動き、「ジャンプする」という動きを分けて学んでいきます。
どんなに難しいプログラムでも、細分化すると、とても簡単な動きが組み合わさって作られています。そのため、簡単な動きを1つ1つ学ぶことによって、ゲームや物語などの発展したプログラムを作る準備を整えていくことができます。

02 レベルにあったプログラムに挑戦「作ってみよう」

「作ってみよう」では、ルーキーレベル(初心者)、レギュラーレベル(中級者)、マスターレベル(上級者)の3つのレベルに分類された教材が搭載されています。それぞれの教材を参考に、イチからプログラミングしていくこともできますが、限られた時間の中で、1つのプログラムを完成させるのはとても大変です。
そこで虹色ボックスでは、あえてエラーが発生しているプログラムを提示して、そのエラーを解決するプログラミングを行うといったドリル形式の教材を用意しています。完成しているプログラムとエラーの発生しているプログラムを比較し、何ができていないのか、どこをどう直すとエラーが解決できるのかといった、問題を発見し、解決する力を身につけていくことが可能です。そのプロセスを繰り返すことで自然と論理的思考を身につけていくことができます。また、「正方形を描く」などの教科で活用できる教科教材も搭載しています。

03 友だちの作品に触発される「みんなの広場」

「みんなの広場」では、虹色ボックスの教材を参考にしながら作成した友だちのプログラム作品を展示しています。オンラインScratchなので、プログラム作品をクリックするだけで体験することができます。友だちの作品を見ながら「自分だったらこんなプログラムにしたい」「私だったらこんな機能を追加したい」など、子どもたちの創造意欲を掻き立てます。参考にしたい作品のプログラムは、「テンプレートを開く」をクリックすると、簡単に確認することができ、アレンジしたり、作り変えたりすることも可能です。

創造力が輝く!子どもたちが主役のプログラミング教育

活用事例を見る

監修者メッセージ

小学校学習指導要領が改訂され、2020年度からプログラミング教育が導入されています。コンピュータの進化とともに情報技術が社会の至るところで使われるようになり、社会の仕組みを知るために、プログラミングの基礎を学ぶことが重要になっています。また、愚直なコンピュータを意図通り動かすためには、必要なことを正確に、過不足なく命令することが必要であり、プログラミングを体験することは、物事を厳密に考える能力を高めることにつながると期待されています。

この「虹色ボックス」は、小学校の先生方の負担があまりなく、子どもたちが自ら主体的にプログラミングを学べるように作られている教材です。プログラミングを学んだことのない児童が、解説動画を見ながら段階的にプログラミングを学べるようになっています。GIGAスクール環境において、学校での自学の時間や家庭での学習の時間等を有効に活用して、子どもたちにプログラミングに取り組んでもらうようにしてはいかがでしょうか。

「虹色ボックス」では、①動画を見ながらプログラミングに慣れる、②他の子どもたちが作った作品を体験して発想を広げる、③自らオリジナルのプログラム作りに挑戦する、という3段階で学習を進めることができます。こうした過程において、子どもたちが、論理的思考や創造性、あるいは問題解決能力を育むことが期待されます。

この教材を活用される際には、先生方は子どもたちの試行錯誤を見守っていただきたいと思います。プログラミング教育では、子どもたちが失敗してもプログラムが意図通り動かなくなるだけです。そして、たとえ失敗したとしても、プログラムを動かすことによって何が足りないのかが理解されやすくなるので、失敗も前進だとわかります。失敗を繰り返しながら試行錯誤をすることを通して、子どもたちは問題解決能力を身につけていきます

千葉大学教育学部 藤川大祐教授

虹色ボックスは、ブラウザからすぐに使えるクラウドアプリです。
MicrosoftやGoogleのシングルサインオンや
「学びのeポータル」を提供する企業とも連携を行なっております。

詳しくはこちら