「ひろがれ言の葉」はトキワの森をイメージしてた?

各アプリには、イメージしている背景が必ず存在します。たとえば、「ひろがれ言の葉」の森はポケモンのトキワの森をイメージしていました。発案者である私(平山喬恵)のこだわりが強すぎて、トップ画像を完成するために何十回も描き直しをお願いし、デザイナーさんには根気強くお付き合いいただいてきました。いつも感謝しています。

ひろがれ言の葉では、語彙力や表現力を身につけていく際に、オリジナルのデジタル類語辞書を活用することでたくさんの類語をシャワーのように浴びることができます。その中で気になった言葉や注目した言葉をほかの言葉に置き換えてみたり見比べてみたりすることで、言葉の持つ意味を深く考え、それを記憶にとどめ、言葉を広げていくことができるというツールです。

言葉を増やしていく→言葉を広げていく→言の葉をひろげる→葉っぱを広げる→森になる・・・と想像していくうちに、トキワの森が浮かびました。最初は中央に羽を広げたクジャクがいて、そのクジャクの羽で言の葉を表したい・・・とかいって、デザイナーさんを困らせておりました。

そんなにこだわってきたのに、最近では7つのアプリのデザイン統一を図るためにテイストを揃え、昔のトップ画像は画面から消えて現在のものとなっています。現在のトップ画像もポップで大好きですが、少々寂しい気持ちもあります。

苦労して作成した昔のトップ画像を眺めながら、思い出にふける今日この頃です。

関連記事